臨床研究班

関節リウマチ班

 近年、関節リウマチ治療は大きく変わってきています。2010年に診断基準が新たに作成され、早期診断が可能になりました。治療はMTXを中心とし、さらに生物学的製剤を用いることにより、治療目標がリウマチの患者さんから炎症のない状態(寛解)を目指すように変わりました。当講座では患者さんのADL(日常生活動作)が落ちることのないように診療にあたっています。

主な疾患と当科での治療

関節リウマチ

 関節症状と血液生化学検査、X線などの画像検査を用いて関節リウマチと診断し、不可逆的な変化である骨破壊をきたさないように早期からMTXや生物学的製剤の投与をすすめていきます。生物学的製剤は現在わが国では7種類が承認されており、それぞれ投与経路や投与期間が異なり、患者さんのライフスタイルに合わせ選択しております。
 一方ですでに破壊されてしまった関節に関しましては外科的治療が必要であり適切な時期に適切な手術を受けられるように関節の評価を行っております。

関節リウマチ以外の関節炎

 関節リウマチではなくても、関節炎を発症する疾患は多数存在し、しばしば診断に難渋することがあります。当科では詳細な問診ならびに各種血液生化学検査、画像検査を行うことにより、患者さんの中で生じている免疫学的な事象を十分に把握し、診断、治療にあたっております。

関節炎を起こす主な疾患 
  • 肝炎関連関節炎(B、C型肝炎、自己免疫性肝炎に関連するものなど)
  • 腸炎関連関節炎(潰瘍性大腸炎、クローン病に関連するものなど)
  • 強直性脊椎炎
  • 反応性関節炎(結膜炎、尿道炎を伴うものなど)
  • 皮膚炎関連関節炎(乾癬性関節炎、掌蹠膿胞症性骨関節炎、SAPHO症候群など)
  • 結晶沈着性関節炎(痛風、偽痛風)

研究

 リウマチ罹患関節においては軟骨、軟骨下骨髄に主な責任病巣があると考え、人および関節炎モデル動物を用いて、軟骨、軟骨下骨髄における免疫学的変化を検討しております。

附属病院(本院)専門外来

リウマチ外来
木曜日 午後1時30分~
診療スタッフ
西沢哲郎 診療医員(非常勤) 西沢哲郎 診療医員 (平成11年 慈恵医大卒)
前田和洋 前田和洋 診療医員

(平成14年 慈恵医大卒業)

初診の方は、かかりつけ医療機関に紹介状の作成とFAX予約をご依頼いただくとスムーズな受診が可能となります。
なお、再診に関しましては予約制となっております。

ページのTOPへ戻る