整形外科学講座について

整形外科学講座について

講座の歴史

整形外科学講座90年のあゆみ

初代 片山國幸教授時代

大正11年(1922)1月24日、慈恵会医学専門学校が大学に昇格した機会に、片山國幸博士が整形外科学講座の初代教授に任ぜられ、整形外科学講座が誕生した。
昭和初期は、整形外科の外来は先天性股関節脱臼、脊椎カリエス、結核性関節炎、内反足、斜頚で賑わっていた時代である。また、整形外科の治療が独立している大学は4−5校にすぎず、現代の整形外科領域の疾患や外傷の殆どが一般外科で扱われていた。
昭和8年(1933)、第8回日本整形外科学会学術総会を開催した。
昭和15年(1940)、日本の教授が独自に書かれた初めての整形外科の教科書である「臨床整形外科」を発刊した。

初代片山國幸教授

第2代 片山良亮教授時代

第2代片山良亮教授

昭和20年(1945)、片山國幸教授は勇退され名誉教授となり、片山良亮博士が第2代教授に就任した。当時は終戦間近で、講座員も応召、被災などで少なく、診療、研究も自由にならず困窮のどん底にあったが、一致団結してそれを克服し、今日の隆盛の基礎を確立した。
昭和23年(1948)、第21回日本整形外科学会学術総会を本学中央講堂で開催した。当時の講座の研究は大別して二方向、すなわち骨関節結核の化学療法と脊髄小児麻痺の治療との2大テーマに向かって進められた。とくに骨関節結核に関する業績は世界的に有名である。
昭和29年(1954)、それまでの研究、治療の集大成として「片山整形外科」が発行された。
昭和34年(1959)、第32回日本整形外科学会学術総会を読売会館読売ホールで開催した。

第3代 伊丹康人教授時代

昭和41年(1966)、片山良亮教授は定年退職され名誉教授となり、伊丹康人博士が第3代教授に就任した。伊丹教授は、むち打ち傷害に関する基礎的、臨床的研究によってその本態を解明するとともに、治療法を確立した。また、骨粗鬆症に関する基礎的、臨床的研究によってX線診断の慈大式分類が汎用されるようになった。下肢調整術に関しても多くの基礎的、臨床的研究が行われ、セメントレスの人工関節の開発、腫瘍免疫に立脚した骨・軟部悪性腫瘍に対する治療法を開発した。
昭和52年(1977)、第50回日本整形外科学会学術総会を品川のホテルパシフィックで開催した。

第3代伊丹康人教授

第4代 室田景久教授時代

第4代室田景久教授

昭和55年(1980)、伊丹康人教授は定年退職され、室田景久博士が第4代教授に就任した。
室田教授はライフワークである手外科の研究と臨床を発展させるとともに、慈大式人工股関節の改良にも力を注がれた。この時代は、整形外科の基礎研究が急速に発展したが、講座の多くの若手医師が国内外の研究機関に留学し、特に生化学、細菌学、形態学の分野で多くの業績を残した。
平成4年(1992)、第7回日本整形外科学会基礎学術集会を開催した。

第5代 藤井克之教授時代

平成7年(1995)、室田景久教授は定年退職され、藤井克之博士が第5代教授に就任した。藤井教授は、長年培われた基礎研究の業績をさらに発展させ、整形外科関連の主要基礎学会である第3回日米加欧整形外科基礎学会合同会議をはじめ日本軟骨代謝学会、日本結合組織学会を主催した。また、慈大式人工股関節と慈大式蝶番型人工膝関節の改良にも尽力し、JカップならびにトライフィックスJステムとヒンジニーJ人工膝関節を開発した。藤井教授は平成17年3月23 日、病気療養中のところ、他界されたが、同年5月12-15日、第78回日本整形外科学会学術総会を故藤井克之会長のもとで横浜国際会議場にて開催した。

第5代藤井克之教授

平成18年4月、丸毛啓史が第6代教授に就任

平成18年(2006)、丸毛啓史博士が第6代教授に就任した。

ページのTOPへ戻る