研修医・レジデント募集

研修の目的

東京慈恵会医科大学整形外科学講座では、学内のみならず学外からも初期研修およびレジデントを広く募集しています。当講座では、学外卒業者であっても学内卒業者と全く同様の一貫した卒後教育を行っております。

専門修得コース(レジデント)プログラムの目的

 東京慈恵会医科大学整形外科学講座では、学内、学外を問わず、広くレジデントを募集しており、いわゆる「名医より良医を」という発想のもと「優れた知識と技術」と「医の心」をあわせ持つ臨床にたけた医師を育てることを目標にしています。また、臨床を支えるのは質の高い基礎研究であるというスタンスを重視し、研究面では、常に臨床に還元することを念頭に置いた、いわゆるtranslational research領域で、長期的展望を見据えた独創性の高い課題に取り組んでいます。とくにコラーゲンの生化学分野では日本トップレベルという当講座の研究分野の強みをのばしつつ、研究成果を臨床にうまく活かしています。基礎と臨床、二つの分野が両輪で絶妙に支え合い、バランスのいい医療を実践するため、専門修得コースにおいては教育プログラムを明確化し、長期的、計画的な指導を推進しており、整形外科専門医取得までは各臨床分野を広く、浅くローテーションし、医療の質を維持しながらもレジデントに多くのチャンスを与え能力を最大限に発揮できる環境を整えています。なお、プログラムは、定期的に行われる総括責任者との面談により、進捗状況を評価点検しながら進められ、専門医取得後は専門分野を深めつつ希望に即した進路指導を行っています。

プログラム責任者:丸毛 啓史

プログラム責任者
丸毛 啓史

一般目標

整形外科専門医に必要な知識と基本的技能を修得し、実践できるようにします。
個々の疾患に対する治療の歴史的推移を理解します。

到達目標・経験目標

「日本整形外科学会専門医制度研修カリキュラム」に準じて習得します。

  • 運動器疾患の理解に必要な運動器の生理学的および病態生理学を習得します。
  • 運動器疾患の正確な診断、安全な治療を行うための基本的手技を習得します。
  • 運動器救急疾患・外傷に対応できる基本的診療能力を習得します。
  • 外傷以外の重要な運動器疾患について理解、習得します。
    • 骨系統疾患
    • 神経・筋疾患
    • 脊椎・脊髄疾患
    • 骨・関節の感染症
    • 慢性関節疾患
    • 関節リウマチと類縁疾患
    • 代謝性骨疾患
    • 骨軟部腫瘍
    • 肩関節の疾患
    • 手関節・手指の疾患
    • 肘関節の疾患
    • 股関節の疾患
    • 膝関節の疾患
    • 足関節と足部の疾患
    • スポーツ障害・外傷
  • リハビリテーションの意義、義肢、装具の実際について習得します。
  • 医療記録の正確な記載と、その管理責任について理解、習得します。
  • 研究、発表の際に必要とされる倫理的に正しくまとめる能力を習得します。

ページのTOPへ戻る